メガネよりも断然コンタクトレンズ

メガネよりもコンタクトレンズの方がお得だと思います。

輸入カラコンは安全なのか?

カラコンをできるだけ安く利用したいというユーザーの心をくすぐるのが、激安や格安カラコンです。日本製品に比べて、海外から輸入したカラコンは安いものが多いです。海外の製品=危険という声もありますが、すぐにそう決めつけてしまうのは早すぎます。
なぜなら、日本で売られている厚生労働省のお墨付きがついている承認カラコンも、ほとんどが韓国製だからです。純日本製のレンズは少なく、ほとんどが韓国や台湾からの輸入レンズに頼っています。
日本で安全だと承認を取っているカラコンであれば、たとえ輸入品であっても安全に使うことは可能です。決められた使い方をしている限り、医療機器として販売しても問題ないという製品です。
危険なのはそれ以外の未承認のもので、これは販売不可となっています。
承認されていているレンズは、製法・酸素透過率・レンズの厚さなど様々な日本の安全基準をクリアしています。それ以外のレンズは同じ品質の可能性もあるし、つけると失明リスクが高くなる可能性もあるレンズも含まれています。いわゆるピンキリです。
自己責任でいいから海外のカラコンを買いたい場合は、個人輸入代行のショップに頼むと国内では販売されていないレンズを購入することができます。個人の代わりに海外の販売者からカラコンを買って届けてくれる業者を使う方法です。1度に4枚までなら国に承認を求めなくても合法で取り寄せることが可能です。ちゃんと海外の基準でチェックされたレンズであれば、比較的安心ですが、初めて買うなら国の承認を得ているカラコンを購入した方がいいです。